メキシコのトラコテという小さな村の井戸から湧き出す水が、
さまざまな病気を治す「不思議な力を持つ水」として、
海外からも数多くの人々を集めています。
万病を治すといわれているトラコテの水は、
分析結果から、活性水素を多く含んでいる事が判明しました。
自然界の中で、この活性水素 を含んだ水は非常にまれだそうです。
活性水素とミネラルが結びついて、
体内にできる毒性のある活性酸素を取り除き免疫力を高め、
アレルギー、糖尿病、リウマチ、高血圧、がん、アトピーなど、
現代医学では治りにくい病気に効果があると言われてます。
空気中の酸素は、体内に入って活性酸素に変化します。
この活性酸素は、細胞のサビ、老化、シワ、シミの原因にもなります。
細胞がサビると内臓、血管、皮膚、骨などの組織にダメージを与えます。
活性酸素が増えると体力や免疫力が衰えると言われています。
体力や免疫力の衰えは、老化やガンや生活習慣病などに繋がると言われています。
世界には奇跡の水と言って不思議な水があります。
ドイツのノルデナウ、フランスのルルド、メキシコのトラコテ等など、
これらはみな、水素を多く含む水「水素豊富水」なのです。
日本では、日田天領水に活性水素が多く含まれている事で有名です。






 カテゴリ